沢松 奈生子

201603

■ 氏名 沢松 奈生子(さわまつ なおこ)
■ 元プロテニスプレーヤー 兵庫県出身 神戸松蔭女子学院大学卒

生年月日: 1973年3月23日生まれ
趣味: 旅行・読書・ゴルフ・スキー
好きな食べ物: 厚焼き玉子・神戸牛・湯葉・日本蕎麦など

■略歴
 小学生時代は親の海外転勤に伴い、ドイツで過ごし、現地のスポーツクラブで色々なスポーツを体験。帰国後、日本国内のテニスのジュニアタイトルを多数獲得、夙川学院高ではインターハイ優勝(個人・団体)、神戸松蔭女子学院大入学と同時にプロ転向。

 1988年(高校1年生)15歳6ヶ月で全日本テニス選手権の女子シングルスに優勝(初出場)。四大大会の日本人最年少勝利記録など、数々の記録も保持。

 1995年の全豪オープンの期間中に阪神・淡路大震災が発生、自宅は全壊の被害に遭ったが、家族は奇跡的に全員無事。その最中、この全豪オープンでベスト8に進出。4大大会の自己最高成績を記録した。

 沢松はプロのキャリアを通して、10年間にわたり世界ランキングトップ30位台以内を維持した。4大大会でも「34大会」連続で本戦にストレートイン。

オリンピックには1992年バルセロナ五輪と1996年アトランタ五輪の2度出場。

シングルス自己世界最高ランキングは14位(日本ランキングは1位)。

WTA女子プロテニスツアーでシングルス優勝4回を挙げた。

 現在は、テニス解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師など。

レギュラー出演はTBS系の朝のニュース番組「あさチャン」、大阪毎日放送の人気番組「ちちんぷいぷい」で、コメンテーターを務めている。

■家族

叔母・吉田和子はキヨムラとのペアでテニスの最高峰1975年のウィンブルドン女子ダブルスで優勝、母・順子も妹・和子とのペアで1970年ウィンブルドン女子ダブルスのベスト8、父の忠幸もウィンブルドンの土を踏んでいる。また母と叔母を育てた名コーチである祖父・豊も、長く日本のテニスの発展に寄与した功績により褒章を授与されている。
既婚、子供は一人。

p2016z


お問い合わせ先:ワンダーボックス合同会社
〒106-0045 東京都港区麻布十番1−7−8 ミヤシタビル3階 電話:03-3402-5271 FAX:03-3688-1061

お問い合わせは E-mail → players@wonderboxllc.info

またはファックス → 03-3688-1061


 

毎週金曜日に沢松奈生子レギュラー出演中!

puipui